自然

九州一の大河である筑後川が東西に流れ、東部には屏風のように切り立つ耳納連山があり、広大で肥沃な筑後平野とともに緑豊かで美しい自然環境を誇っています。

内陸に位置し、年平均気温は約16度で、1年を通して見ると四季の変化に富んでおり、四季折々の花や緑が市民や観光客の皆さんを楽しませてくれます。

耳納連山

耳納連山

久留米市の東部に位置し、東西に約30kmにわたって連なる山地で、眼下には広大な筑後平野が広がり、遠く有明海や雲仙も遠望できます。尾根を東西に走るスカイラインは、ドライブに絶好のコースです。

また、美しい日本の歩きたくなる道500選に選ばれた「山苞の道」や、韓国発祥のトレッキングコース「九州オルレ久留米・高良山コース」など、四季折々の自然や歴史を感じられるコースも充実しています。

久留米つつじ(久留米百年公園)

久留米つつじ

久留米市の花「久留米つつじ」は、日本中で愛され、国際的にも「クルメアザレア」の名で親しまれています。久留米市内の公園や街路樹、一般家庭でも広く栽培されており、4月から5月には、市内の至る所で色とりどりの花を咲かせます。

浅井の一本桜

浅井の一本桜

幹周り4.3m、高さ18mの樹齢約100年といわれる山桜で、景観重要樹木に指定されています。市民の貴重な緑の財産として親しまれ、地元で大切に保護され、毎年見事な花が咲き誇ります。堂々たる風格で、花密度も高く、ため池に映る「逆さ桜」はおすすめです。